脳卒中/脳梗塞/脳出血の方・家族・セラピストが本気で楽しむ文化祭・交流会

【脳フェス実行委員会】

皆さんおはようございます!
昨日は、脳フェス実行委員会初の全体ミーティングでした!

遠くは大阪からもスタッフの方が駆けつけてくださり(しかも日帰り!)、総勢24名での熱い会議が行われました(^^)
実行委員のみなさんは、全国各地にいらっしゃるので、普段はネット上のやり取りがメイン。
こうして顔を合わせてお話しする事で、それぞれの想いや熱を体感できました!


10月29日(日)の開催まであと2ヶ月ちょっと!

今日以上の熱をお届け出来るように、スタッフ一同邁進していきます!(^^)



 

こんにちは脳フェス広報担当です。

 

脳卒中フェスティバルで行うファッションショーについてのお知らせです!!

 

ファッションを通じて、障害当事者の「元気」や「その人らしさ」を支援されている、
福・服プロジェクト 代表の天畠 万貴子さんにショーの衣装のご提供や
ショー全体のプロデュースをして頂ける事になりました。

 

先日打ち合わせの際に、いろいろお話を伺って参りました。
天畠さんが企画製作されている「誰でも5分で着られる着物」は

 

 

「障がいをお持ちの方も、健常者も共にオシャレを楽しめる着物であり、
障がいを持った方だけが着るための着物ではなく、当事者の子供や姉妹で着まわせる着物にしたい」

 

という想いがあると仰っておりました。

 

車椅子であるために、成人式での振袖をあきらめていた方が
天畠さんの作られた振袖を着られる事に感動されて、

 

また、娘さんの振袖姿を見たお母さまも同じく感動して、
天畠さんに感謝のメッセージを送られたそうです。

 

脳卒中フェスティバルでのファッションショーでも
当事者の方やご家族に大きなメッセージを伝えられたらと思います。

 

» 福・福プロジェクトFBページ

 

» 天畠 大輔さんのHP

 



脳フェス広報担当です。

河合美智子さんと旦那様の峯村純一さんのインタビュー動画を公開いたしました!!

フェス当日でもご夫妻で講演を行って頂く予定です。
講演といっても、堅苦しいものではなく

お二人なりの楽しく生きるコツを話して下さる予定です。
是非、インタビュー動画をご覧ください!!



脳フェスにご出演頂く、女優・歌手の河合美智子さんが出演された映画、

「ママ、ごはんまだ?」のDVDが8月2日(水)に発売になります。

ご購入は下記のリンク先より行えます。

» ハピネット


作品について

 

「ママ、ごはんまだ?」

 

時を超えて、愛を届けてくれたのは、 母が遺した料理のレシピ–。

包丁の音、湯気の匂い・・・。時を超え、愛を届けてくれたのは、母が遺した料理のレシピ――――――。 これは台湾と日本を故郷とする、一青妙、一青窈姉妹の家族の物語

 

第64回サン・セバスチャン国際映画祭 キュリナリー部門正式出品作品

 

・監督/脚本

白羽弥仁

・キャスト

  • 南晴夏(一青妙)
  • 呉朋奉(顔恵民)
  • 藤本泉(一青窈)
  • 甲本雅裕(肥田久生)
  • 春風亭昇太(浅野浩介)
  • 河合美智子(一青かづ枝)

ストーリー(ハピネットより引用)

 

家族で暮らした懐かしい東京の家を取り壊す時に見つかった、赤い木箱。古い手紙の束と一緒に入っていたのは、20年前に亡くなった母の台湾料理のレシピ帳。
台湾人の父と日本人の母・かづ枝とともに、幼少期を台湾で過ごした妙。やがて妹・窈が生まれ、一家は東京へ移り住む。

どんなに辛い時でも、かづ枝は日々、料理をし、娘たちは、その料理を愛した。
かづ枝の料理は、家族の絆を強め、そして周囲の人々をも幸せな気持ちにした。だが間もなく、かづ枝は病に倒れ、亡くなってしまう。

あれから20年が過ぎた今、姉妹は、一青家ゆかりの地、中能登町にあるかづ枝の墓前で、母の小さな秘密を知る。妙は、ある思いに駆り立てられ、台湾へと向かう。果たして、母がレシピに込めた想いとは?





こんにちは脳フェス広報担当です。

本日は「ワンハンドキッチン」の概要を発表いたします!!


ワンハンドキッチンの概要

ワンハンドキッチンブースでは、市販の手軽に購入できる便利グッズを使って、
片手でも簡単で安全に出来る料理をご紹介します。

先日、打ち合わせの際に、便利グッズを拝見させて頂きました。どのグッズも華やかな彩りのものばかりでした。

当事者の方やご家族の方に是非ご覧頂きたいイベントです!!

»詳細はこちら



こんにちは脳フェス広報担当です。

脳フェス当日には、

脳卒中を経験された女優・紅白出場歌手の河合美智子さんご夫妻が、
1日スタッフとして参加して下さり、お二人なりの楽しく生きるコツを語ってくれたりします。

まだご覧になってない方は、是非、河合美智子さんのメッセージ動画をご覧ください!!


 


こんにちは脳フェスの広報担当です^^

 

実行委員会のメンバーを紹介します。

 

脳フェスの企画をいろいろ考えている時に、
脳卒中経験者のちーちゃんと、作業療法士のきんちゃんが運営する
「脳卒中Cafe」というブログを見つけました。

 

明るくてとても元気をもらえるブログです。
脳フェスを開催する原点みたいなものとリンクするのでご興味のある方は是非お読み下さい。(定期的に更新されてます♪)

» 脳卒中cafeのブログ

 

 

ブログを読んでいて、能動的に活動するお二人に是非手伝ってもらいたくて、
代表の小林を通じてコンタクトを取って手伝ってもらうことになりました。

 

 

お知らせ

そんな、二人が企画に携わってくれている美容イベントで、
ファッションショーを開催します!!

 

美容イベントの概要

 

当事者の方のモデルさんに、ファッション、メイク、ネイル、デコ装具やバリアフリーなアクセサリーなどで着飾ってランウェイを歩いてもらい、華やかに行います。

ファッションショーの前後で当事者の方同士がメイクするコツなどを話し合って
交流できるようなスペースも作る予定です。
是非お楽しみに!!
 

 

 


 


皆さんは、脳卒中経験者の主観を楽しく描いている漫画をご存知ですか?

33歳の時に脳梗塞を発症された漫画家志望の方が描かれたその漫画は、

 

Twitterで1万RT突破!

まとめサイトで30万アクセス突破!!

pixsivで100万PV突破!!!

 

と、話題になり、

 

今年には、KADOKAWAや集英社からも発刊された、

『どうせ死ぬなら描いて死ぬ』

『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』

の著者である、あやめゴン太先生。

 

先日NEWS ZEROでも漫画がチラッと放送されてました。

この度、脳フェスの取材とレポート漫画を執筆してくださるこのとになりました!
クラウドファンディングのリターンにも設定させて頂きました。

乞うご期待(^^)

お顔は出されていないとの事でしたので、打ち合わせの際にご自身の似顔絵を描いて頂きました。

 

あやめゴン太先生の紹介はこちら

あやめゴン太 オフィシャルブログ:『黒豚キムチ定食二人前』

 

単行本発売中:「33歳漫画家志望が脳梗塞になった話」(Amazon)

試し読みはこちら:「33歳漫画家志望が脳梗塞になった話」(ふんわりジャンプ)

 



本日、実行委員会メンバーの紹介ページを公開しました!

脳フェス実行委員会のメンバーは、セラピスト、医療従事者、当事者の方を中心に50名ほどから構成されています。今後も各メンバーを紹介していきます!

みんな熱い想いをもってフェス成功に向けて準備をしております。是非、当日お会いできるのを楽しみにしております!



皆さんこんにちは! 脳卒中者だった理学療法士、小林純也です。

脳フェスのクラウドファンディングがいよいよスタートです。担当者の方と打ち合わせて、メンバーで何度も会議を重ねて、ようやくスタートできます。

脳卒中当事者の方と一緒にめちゃくちゃ楽しいことをしたい。その想いに協賛していただける方は是非よろしくお願いいたします!

脳フェス実行委員会 代表 小林 純也


上へ戻る

  • 主催者メッセージ
  • 河合美智子さんからのメッセージ
  • 協賛募集
  • 会場案内
  • お車でのご来場について
  • 車椅子でのご来場について
  • チケット案内
  • お問い合わせ

公式SNS