脳卒中/脳梗塞/脳出血の方・家族・セラピストが本気で楽しむ文化祭・交流会

お知らせ

河合美智子さんのご出演映画のお知らせ

2017年7月31日

脳フェスにご出演頂く、女優・歌手の河合美智子さんが出演された映画、

「ママ、ごはんまだ?」のDVDが8月2日(水)に発売になります。

ご購入は下記のリンク先より行えます。

» ハピネット


作品について

 

「ママ、ごはんまだ?」

 

時を超えて、愛を届けてくれたのは、 母が遺した料理のレシピ–。

包丁の音、湯気の匂い・・・。時を超え、愛を届けてくれたのは、母が遺した料理のレシピ――――――。 これは台湾と日本を故郷とする、一青妙、一青窈姉妹の家族の物語

 

第64回サン・セバスチャン国際映画祭 キュリナリー部門正式出品作品

 

・監督/脚本

白羽弥仁

・キャスト

  • 南晴夏(一青妙)
  • 呉朋奉(顔恵民)
  • 藤本泉(一青窈)
  • 甲本雅裕(肥田久生)
  • 春風亭昇太(浅野浩介)
  • 河合美智子(一青かづ枝)

ストーリー(ハピネットより引用)

 

家族で暮らした懐かしい東京の家を取り壊す時に見つかった、赤い木箱。古い手紙の束と一緒に入っていたのは、20年前に亡くなった母の台湾料理のレシピ帳。
台湾人の父と日本人の母・かづ枝とともに、幼少期を台湾で過ごした妙。やがて妹・窈が生まれ、一家は東京へ移り住む。

どんなに辛い時でも、かづ枝は日々、料理をし、娘たちは、その料理を愛した。
かづ枝の料理は、家族の絆を強め、そして周囲の人々をも幸せな気持ちにした。だが間もなく、かづ枝は病に倒れ、亡くなってしまう。

あれから20年が過ぎた今、姉妹は、一青家ゆかりの地、中能登町にあるかづ枝の墓前で、母の小さな秘密を知る。妙は、ある思いに駆り立てられ、台湾へと向かう。果たして、母がレシピに込めた想いとは?


第一回脳卒中フェスティバルにご協賛頂ける方を募集中です!
(9月19日(火)午後11:00まで)



上へ戻る

公式SNS